本記事では、川崎医科大学付属高校の入手方法について解説します。

在校生、志望者ともに少ないので、過去問の入手方法については意外と知られていません。
保護者・生徒はもちろん、塾・中学校の先生からもよくご質問をいただくので、本記事にまとめました。

さらにいうと、過去問の入手することが目的ではありませんね
入試問題を得たらどうするかについてもご紹介します。
ぜひ過去問を活用して入試対策に役立てていただけたらと思います。

✔︎本記事の信頼性
当塾には、川崎医科大学付属高校の対策コースを設けて長年多くの志望受験生・在校生を指導してました。
さらに、以下の部門を連携させて、最新の入試情報を得ています。
医進ゼミ
・川崎医科大学の受験対策
・川崎医大生向けの進級サポート
・医師国家試験の対策

川崎医科大学付属高校の過去問の入手方法は4つあります

入手方法は4つあります。
どれでもいいわけではありません。確実・安全なものから順にご紹介します。

方法①:直接、高校に請求する

川崎医科大学付属高校学公式サイト
上記の青い枠で囲った『資料・お問い合わせ』をクリックします。
すると、資料請求の画面に飛びます。

こちらに必要情報・問合せたい内容を記載して送信しましょう。中学3年生の場合、過去問を1年分送付いただけます

方法②:入試対策セミナーに参加する

夏、秋に1回ずつ、学校説明会が開催されます。秋にはさらに「入試対策セミナー」を開きます。
※入試対策セミナーは受験希望者(中3生)のみ参加可能です。

本年(2020年)は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で日程が変更があったのでご注意ください。

可能であれば、8月に開催される施設見学会にも参加しましょう。

≫詳細:川崎医科大学付属高校「学校説明会」

ここでも過去問の配布があり、さらに出題ポイントも教えてもらうことができます。ぜひ参加しましょう。

方法③:対策塾に相談する

川崎医科大学付属高校の対策授業をおこなっている塾、家庭教師は少ないです。ウェブサイトを見てしっかり吟味しましょう。
特に重要なのは、指導・合格実績があるかどうかです。実際に問い合わせて質問をしてみましょう。

当塾は過去問をベースにして類題を作成して指導に当たっています。
入試傾向と対策については、別記事で解説します。

方法④:Amazon、ヤフオク、メルカリは注意。

新古品、中古品で手に入れる方法があります。

学校、塾を経由せずに入手する場合には大きな注意点があります。

ある方がアマゾン経由で入試問題を入手したところ、出版元(学習塾)から営業電話が何度もかかってきて困ったということを聞きました。

過去問集だけでは実際の指導例はわかりませんし、版権の問題もよくわかりません。一般企業に川崎医科大学付属高校が情報を提供することはないとも聞いています。
自己判断でお願いします。

ヤフオク、メルカリで購入する場合は、しっかり質問した上で買いましょう。基本的には中古品しかありません。全科目揃っているのか、擦れ・書き込みはないか、など。

川崎医科大学付属高校の過去問を入手したら?

大事なのは、過去問を入手してからです。入手することが目的ではありませんね

中3生であればすぐに解きましょう。「実力がついてから・・・」とギリギリまで解かずに寝かせておく生徒がいらっしゃいますが、それではダメです。
なぜなら、過去問とは「入試の傾向」を見るための『参考資料』だからです。その問題がいま解けるかどうかは関係ありません。どのような問題が出て、入試本番までどれくらいの実力をつけておかないといけないのかを計画するために使うのです。

入手したらすぐに使いましょう。

類題を探しましょう

どんな問題が出るかがわかっても、それは「知っている」状態に過ぎません。本番でも確実に解けるように、類題を解きましょう。本屋さんで高校入試の過去問を見て、似た問題を購入しましょう。自分で見つけるのが大変な場合は現在通っている塾・家庭教師の先生に相談してみてください。

当塾では川崎医科大学付属高校の入試傾向をまとめたものをPDFで配布しております。お困りの方はお気軽にお声掛けください。